発酵と薬草で元氣になる!ありがとうを発見 

南きよさと香草園の通販サイト【はなこ@ショップ】 Blog

2017/03/08 23:13



以前のブログで南雲クリニックの南雲先生が著書で紹介していた



甘酒酵素水を市販の甘酒でできるかなぁ~ をチャレンジしてみましたよね。




今回は・・・・




スーパーパワーフードの「玄米」を使った甘酒作りからやりました。




ラクしないでマジ~めに・・・ちょっとやってみました(^_^;)




しかし!!


玄米って『発芽抑制因子』を不活化させてから炊かないと意味がな~い
(^◇^;) ってことを過去ログでも紹介しました。

「玄米食ってなんだろ?」←過去ログこちら。





でもさ、それって、「めんどくせっ!!」
( ´Д`)y━・~~





という、心の声が聞こえて来るのはきっと私だけじゃないはず〜たらーっ汗





じゃぁ〜、 ラクしちゃおう〜!!¥(//∇//)¥







あるんですよ、すぐに安全に食べられる状態にしてくれている玄米ご飯が。


しかも、必要なミネラルも更に豊富で、あえて自然塩を加えて炊いてある
玄米のご飯のレトルトが〜(*^^*)






山梨で無農薬玄米を育てている 塚越 さんの玄米を使って・・・


山梨の 川ちゃん と呼ばれているミネラルのオッチャンが発案して・・・


山梨の伊集院 靜と呼ばれている乳酸菌の翁が炊きました・・・





『元氣玉』




を使ってショートカットバージョンで玄米甘酒酵素水を作ってみようと思います。



今回は詳しい紹介は省きますが、無農薬農家の塚越さんが今に至るまでには深〜い家族愛から始まりました。

お子さんが自閉症だったことから食に対しての意識が変わり、今の無農薬農家への転身となった経緯があります。
また機会を作り、ご紹介したいと思います。




‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★


では、早速甘酒と作りましょう〜



こちらに載っている「玄米の甘酒」レシピは

-------★-----☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆------

★‥‥炊いた玄米・・・2合分
☆‥‥米麹・・・200g
☆‥‥水・・・・・1、2ℓ

-------★-----☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆------

                        
こんな感じです。これだと5合炊きの炊飯器が必要になります。

出来上がりは1,4〜1,7ℓ分ができるようです。



でも、きっと一人暮らしの方もいらっしゃると思うし、
一度に沢山作るより、少なめでチャレンジしてみたい・・・


な〜んて、いろいろ考えてみて、半分の量で700〜900cc
目安に挑戦してみることにしました。


元氣玉を使わず、自分で炊いた玄米を使うのでしたら
1合分の300gを用意してください。


元氣玉を使う場合は元氣玉を2個を使います。






「玄米の甘酒」作りに用意するもの


o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*+.。o○*.。
               
               + 炊いた玄米 ・・・300g、若しくは「元氣玉」2個
             + 米麹・・・100g
             + 水・・・600g
             + ふきん(タオルでも良かったよ)
             +炊飯器(3合炊き〜5合炊き用)

o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*+.。o○*.。
                        



1、炊いた玄米をよくほぐして炊飯器へ入れます。




2、更に、米麹と水を入れます。




3、炊飯器に布巾をかぶせて、蓋を開けたまま8時間保温状態にします。

(熱が高すぎると麹菌が死滅してしまうので注意してね。)
(蓋付きの大鍋に入れ、適宜IH調理器で加熱して保温することもできます)




夜、寝るまえに仕掛けておくといいですよ。多少時間の前後は気にしないでね。
あまみ酵素のアミラーゼがお米のデンプンを分解してブドウ糖を作り上げます。




それが




甘酒〜
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




ジャ〜ん!!見た目、いい感じ〜(*^^*)






このままだと、おかゆみたいですね。



試食してみました・・・



めっちゃ〜、美味しい!!


玄米からの甘みが優しすぎる


口に入れると粒つぶが簡単に崩れるよ〜



このままでも充分、プチ断食や病の時の回復食の良さそうです。




( ´Д`)y━・~~





さぁ〜、ここから乳酸菌さんに糖を分解してもらいましょう





わたしは乳酸菌液の蓬龍宝(ホウロンポウ)の白龍を使いました。



4、完成した玄米甘酒と乳酸菌液をミキサーに入れて
攪拌します。


(甘酒完成までにミキサーを用意しておいてね)




☆、私は完成した甘酒のうち200ccを甘酒酵素水にすることにしました。

乳酸菌液の量ですが、使用する玄米甘酒の10%〜15%にしました。


上記を一緒にミキサーにかけたて容器に移しました。






すでにご自身で豆乳ヨーグルトを作った事のある方はピーンときたかもしれませんね。
豆乳ヨーグルトと作る時と同じ分量割合の乳酸菌液を使用しました。


チャレンジですから、いろいろ試してみなくっちゃですから・・・






も〜、粒つぶの姿はなく、ほぼ液体状態になっています。



これを一日半、暖かいところへ置いてあげてください。




わたしの住んでいるところはちょっと寒さが厳しいところなので、
発泡スチロールの箱を利用しています。

中に、お湯を入れた缶ジュースの容器を入れておくと
保温性が増しますよ。








は〜い、完成です*¥(^o^)/*










甘さがなくなり、玄米甘酒の酵素水が出来上がりました。
しかも、乳酸菌もプラスされているわけですから



これは代謝向上、腸内環境ばっちりの食べ物ですね。



ほんとうに簡単ですから免疫力アップに役立ててみてください。



玄米甘酒の状態でも充分美味しいですけどね〜




☆乳酸菌液を入れて日にちが経つにつれて酸味が出てきます。
乳酸菌発酵ですので、それはそれで大丈夫です。


雑菌が入らないように保管しましょう。





(○・ω・)ノ--------------------------------------end------------------------------------------





玄米炊くの 面倒くせっ!という方に朗報ラブ楽しい


食事拍手全てを見事にクリアーした炊飯玄米レトルトパックがあります。
   すぐに食べたい!出張先、旅行先でも食べたい!    
  『愛と光に包まれてR-Style』のオッチャンが丹精込めてお届けしてますね。
  
  https://seeds123.thebase.in/items/1514780

72時間もの間、豊富なミネラル水に浸水させ、そのままレトルトして炊き上げた玄米ご飯です。
体に必要な自然塩をプラスしてあるので、そのままお粥にして食べると最高に美味しいです。
病後の病中の回復食、プチ断食後の回復食としてオススメできます。