発酵と薬草で元氣になる!ありがとうを発見 

南きよさと香草園の通販サイト【はなこ@ショップ】 Blog

2017/01/24 21:22

免疫力を上げるためには低体温にならないようにする・・・・

筋肉を鍛えて体温を上げる・・・・



だって、全身を流れる血液は体のすみずみにある細胞へ酸素や栄養を届けてくれて、二酸化炭素や不要な老廃物を回収してくれるんだもん。 
そのためには水分と体熱が必要なんだね。

ということが分かった。


細胞内には、エネルギーを産生するミトコンドリアという器官があって、血流がよくなって酸素や栄養が十分に行き渡ると、糖や脂肪が盛んに燃焼するようになるんだよ。


そして、熱を生んでくれるミトコンドリアは主に筋肉細胞に多く見られるのだそうだ〜。


だから、質の良い筋肉を体に持ってあげれば代謝を促す体温を確保できますね。



嬉しいのが、エネルギー消費が盛んになると、お腹の腸間膜(腸管を包む膜)にたまった内臓脂肪も燃焼されるんですって。



内臓脂肪は、体脂肪の中で優先的に消費される性質があるそうです。






フムフム・・・わかったよ。
(`・ω・´)ゞ

でも、仕事もあるし、なかなか、筋肉を鍛える時間がないんだよ〜



なにか簡単で家でできることないのかなぁ〜
( ̄▽ ̄)=3







ありました!(°∀°)b




西式かかと落とし(正式には足首の上下運動)




続ければ下肢静脈瘤や足のむくみの改善以外に、さまざまな健康効果を得られるそうだ。



とっても簡単だ!





詳しくは
夢21  2017年2~3月号 【下肢静脈瘤】最新自力ケアNo1 冬こそ治す絶好機


をご覧ください。かかと落としを知らなかったので参考になりました。



かかと落としをすると、ふくらはぎの筋ポンプ作用が働き、下半身の末梢血管などの血流を促すことにより体の代謝を促すようです。


・新聞紙やタオルなどで棒状のものを作ります。

・そこへ上げた足を垂直に落とすだけです。



わたしもだいぶ前から静脈瘤ができており、気になっていました。


青白く浮き出る太い血管が気になって、随分前から生足は出せません(もう〜その必要もないですけどね・・・笑)


この「かかと落とし」ならば、膝が痛くて歩けないとか、時間がなくて運動にいけない・・・という方でも血流を促すことができますね。


筋トレがすぐには難しい方には良さそうデス。


また、静脈瘤やその他の病気が気になる方の予防にもなりそうです。



あとは入浴習慣を取り入れてみましょう。


熱すぎない温度でゆっくりと入っているとジワーッと発汗。

汗の中に老廃物がたくさん!細胞内の水分の入れ替えができます。

汗をかくこと、「出す」ことも心がけてくださいね。



湯船に浸かっていると水分が欲しくなりますから、ミネラル豊富なお水を飲みながら無理なく行ってくださいね。



汗の出にくい方も、入浴習慣を続けていると、発汗しやすい体になっていくのがわかりますよ。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
かかと落としの効果
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

*血液中の糖が燃えて血糖値が下がる

*内臓脂肪が燃えて、ポッコリお腹がへこむ

*水太りが解消し、下半身がスッキリする

*血流がスムーズになり血圧が下がる

*腸が刺激されて便通がよくなる

*気分が晴れやかになる








今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

あなたに善氣ことが降り注ぎますように