発酵と薬草で元氣になる!ありがとうを発見 

南きよさと香草園の通販サイト【はなこ@ショップ】 Blog

2020/09/29 10:01


良薬口に苦し!!!!
と言いますが、

これは、


と〜っても不味い〜いワイ!


だいたいな、煮出して、香りを嗅いだ時くらいに

「うん、これはイケる!」とか


土産物屋とかで売られている薬草茶なんかは
見当がつくじゃない?


でもね、今回はね、


ヤカンの蓋、開けた時から、


これは一筋縄じゃいかないゾォ〜


ゾォ〜、ゾォ〜 の独り言が勝手に出てくるわけでして


でもまぁ〜、飲んでみるのですよ、


ヤァ〜〜〜〜〜〜!

まぁ〜ずぅ〜〜〜〜い!!


苦〜い!!


あまりの不味さに、洗濯、掃除をほっぽり投げて、
朝から、ブログに記録しちゃうわけですよ

この薬草の正体は

アシュワガンダ


インド由来の薬草でして、


自分の指のリウマチとか、ちょっと気になる症状やら

香草園で育てるハーブを調べているうちにたどり着いた

薬草ちゃんです。


これについてはまた、詳しくアップするとして・・・


なんとか美味しく飲む方法はないかと考えましたさぁ〜


蜂蜜と生姜を混ぜてみました。

どうやらシナモンなんかもいいらしい。


今、家にあったもの、蜂蜜と生姜、


そしたら、いい感じになりましたよ。


ちょっと甘酒っぽい感じになったかなぁ?


アシュワガンダってこんなやつです。
ウィキーさんからお借りしました。


効果[編集]


アーユルヴェーダ医学では、インドのバイアグラ、インドの朝鮮人参[4]、などと称されている。 アシュワガンダは、関節痛、腰痛の緩和、血液浄化作用、滋養強壮、抗ストレス性、精力増強、リウマチなどに効果があるとされる。また、近年、脳機能改善作用、免疫力強化、抗炎症作用などの効果もあるとされる[2]

動物研究[編集]

産業技術総合研究所の動物実験では、がん細胞を死滅させ、正常細胞の老化を防ぐ効果があった。 さらに化学的な分析を行った結果、ウィザノンと呼ばれる物質が「P53」というガン抑制遺伝子を活性化させ、がん細胞の増殖抑制や正常細胞の老化防止を導くことが分かった。[5]


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80



ということで、
それこそ今年の前半に医薬品指定になるくらいだから

気になる薬草ですよね〜。

ま、今朝は飲める方法を見つけただけでオッケ〜!


さぁさぁ仕事するぞ〜


◆*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*◆
┃ ◆乳酸菌液とミネラルで腸内環境と自己免疫力をUPする!

Rスタイル(株)シーズ
┃◆都会生活から田舎暮らしへ。乳酸菌で健康と美容を提案する
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*◆